2/8 Gvレポ

はい、今週もGvレポの方となります。
今回は零茶同盟さんとの臨時同盟となりました。
規模的には中の人が65人前後と大所帯になりましたね。
EMCさん、G-DASHさん、MSLさんと同じぐらいでしょうか?
編成を担当させて貰いましたが、大変でしたね。
実際やってみて穴がボコボコ開いてて申し訳ない(´・ω・)人

反省は反省しておいて、レポの方へ
遅くなったのでうろ覚えですが。






・C1 遅延防衛:EMC 攻め:プレリュード、G-DASH 追加:コゲ天+零茶

 偵察していると、C1にて「EMC」さんが制圧からの遅延防衛を開始。
 城主が我々のままだったために、しばらく様子見。
 攻めに「プレリュード」さんと「G-DASH」さんがやってきて、
 突入を開始されます。

 ラインが崩れてそのまま押し込まれたようで、「EMC」さんの遅延解除となります。
 城主防衛「EMC」さんで再度攻めに「プレリュード」さんと「G-DASH」さんがと言う形。

 ここで、ER前にて「プレリュード」さんが「G-DASH」さんに対して攻撃を開始。
 無詠唱MSの連発って感じでした。
 そのまま「G-DASH」さんが排除を開始して攻めの準備。
 ここで我々も攻めに追加と言う形になります。

 「G-DASH」さんの攻撃だけでLPも出ていたようで、押せ押せで我々でブレイク。
 そのまま撤収です。

 「EMC」さんと「G-DASH」さんはその後も続行していた様子。
 模擬戦でもしてたのかな?


・N4 放棄砦

 制圧からブレイクで防衛を開始します。
 守護石とバリケードを修復した辺りで攻め手のご来場。

 防衛:コゲ天+零茶 攻め:バッスル 追加:EMC、るなぱんち

 バッチリマリオさんの某氏さんの動画で状況は撮影されているので、
 そちらを見ていただければ早そうですが・・・とりあえず私の主観で。


 まずは「バッスル」さん単独の攻めです。
 左側に多少抜けられる感じでしたが、人数の差もあり抑えます。
 続いて「EMC」さんが来場。
 砦前には共闘で!のチャット。

 「バッスル」さんが再度左側に抜け狙いで、
 それについで、「EMC」さんが右に抜け狙いといった感じ。
 一気に入り口のラインは機能しない形になってしまいます。
 この時点で右側の守護石は放棄して、全軍左へ移動となります。
 守護石からS字の部分にて防衛を開始。
 順調に抑えつつ迎撃を行い、一時は攻め手をかなり押さえ込んだのですが、
 その後の「EMC」さんのEmCから一気に逆に押さえ込まれた感じに?
 一気に押さえ込まれて割られます。

 次いで第一バリケード戦。
 城主ギルドはバリケード裏へ、他ギルドは入り口からの復帰でという形。
 バリケードに張り付いている相手をなかなか潰せてないですね。
 あとは、城主ギルド以外の戦力運用も上手く行って無い感じだったか・・・。
 バリケード外側が非常に広いのでやりづらいという感じがしました。
 で、そのままバリケードは破壊されてしまいます。

 第二バリケードへ。
 こちらも第一と同じく上手く守れない感じでした。
 バリケード前の相手に対するプレッシャーをなかなか上手くかけれなかった。
 って感じがしました。

 で、第三バリケード。
 ここは非常に粘れた気がします。
 バリケードが狭いのと、バリケード前も多少狭い感じでやりやすかったか?
 あとは、やはり入り口から遠いために、攻め手の復帰回転が多少遅くなったあたり?
 城主ギルド以外の動きも大分動き方が分かってきたのか効率よくなってきてた気がします。

 そんなこんなで1hぐらいの防衛のあと第三バリケードブレイクとともに撤収です。


・N3 防衛:プレリュード 攻め:コゲ天+零茶

 「プレリュード」さんが防衛していたのを制圧。
 ブレイクから防衛へ入ります。
 安定したところで、城主ギルドを残して別働へ。


・N2 防衛:プレリュード 攻め:コゲ天+零茶

 またまた「プレリュード」さんが相手でした。
 こちらもブレイクして城主ギルドを残して別働へ。


・別働

 L1とかL3とかB3とか行ってたみたいですね。
 B3はラストエンペを叩いている状態で終わって残念な結果(´・ω・)
 他はどうだったかちょっと把握してませんがダメだった様子。


 というわけで金銭的には大赤字の予感なSE2砦確保でしたヽ(゚∀゚ )ノ
 臨時同盟初回~ってことで様子を見ながらでしたが、
 SE砦とかでもりもり戦えてよかったなぁ~って感想です。

 指揮担当さんは大人数の指揮をお疲れ様でした~。

 次週も頑張っていきましょう~ヽ(゚∀゚ )ノ
[PR]

  by arlcoate | 2009-02-13 14:47 | Gv

<< 2/15 Gvレポ 2/1 Gvレポ >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE